虹を渡って逝った人

2004 07/21


田んぼの真ん中をバイクで走行中に短いけど美しい虹を発見!
美しい大切な友人の通夜の帰りです。
彼女は、まだ40歳前半の若さで、
脳腫瘍のため、天国に召されました。
昨日、お別れに行った時の、化粧もしないのに、頬紅をつけたように赤く温かそうな顔が、、
まるで生きている様でした。
思わず本当に死んじゃったの? と手を当ててしまいました。
その時に、彼女のお母さんとお話ができました。
「みんなが、純ちゃん〜!と言うと、
だんだん赤みが出てきて・・・不思議です。
生きているようでしょう〜」

私がドイツの研修旅行で撮ってあげた写真が仏前に置いてあって驚きました。
お母さまは、その写真が一番好きだそうで、嬉しいです。
遺影は旦那様の選んだハワイ旅行の写真でした。
右手を上げ、(彼女の癖)満面の笑顔で、
「じゃあ、お先に!天国で待っているからね!」
私には、そう聞こえましたが。
旦那さんは
「みんな、ありがとう!」
と言っているようですのでこれにしました。
爽やかな明るく素晴らしい遺影写真でした。

うちの旦那曰く「美人薄命だね。」
彼女とは、彼も夜の英会話クラスで一緒に勉強した仲間でした。
本当に、今日の虹のように、爽やかで美しい人でした。
少々天然ボケ的なところがあって、またそこが彼女の魅力でした。

西の空には、奇麗な夕日、東の空には美しい虹、
家族の前では、涙、涙・・だったけど、
この虹(彼女のお別れの挨拶)を見つけたら、
何だか晴れ晴れとした爽やかな気持ちになりました。

「天の下では、何事にも定まった時期があり、
 すべての営みには時がある。
 生れるのに時があり、死ぬのに時がある。」  聖書より

この虹を見て、神の時であることを確信しました。
残されたご家族の上に神の平安がありますように・・・

つづきへ